カンジダ膣炎とは女性の体に常在菌としているカンジダ菌という細菌が、ホルモンバランスが崩れたりストレスや疲労などで免疫力が低下した場合に増殖してしまい、おりものに異常を生じたり膣やその周辺に痛みや痒みといった症状を起こす病気です。
ホルモンバランスが崩れたり免疫力が低下すれば直ぐにでも増殖する可能性があるので、再発する可能性が非常に高いために多くの女性が経験している病気であり、性行為によって相手にも感染することもあります。
女性であれば、このカンジダ膣炎については知っておくべき病気の一つです。

カンジダ膣炎の原因は常在菌

カンジダ膣炎とはカンジダ菌という細菌が増殖したために発症する病気であり、この細菌は人間の身体に元からいる細菌の一つで常在菌と言われています。
常在菌には善玉菌と悪玉菌がありますが、驚くでしょうがこのカンジダ菌は善玉菌に分類されています。
通常であればこの細菌は人間に対して特に影響を与えるようなことは行っていないのですが、ストレスや疲労などで体調不良となって免疫力が低下したりすると、増殖してしまって人間に悪影響を与えてしまいます。
その理由はこの細菌は真菌というカビの一種であり、他のカビでも異常に増殖すればカビであっても人間に影響を与えてしまう原理と同じです。

人間の身体というのは酸性になっていて、膣の中も自浄作用によって強い酸性になっています。
カビというのは酸性の強い場所では生息できません。
健康な状態の時はこの酸性度が強まっているので、カンジダ菌が増殖するのを予防してくれているのです。
しかし人間の身体というのは免疫力が低下すると酸性度も低くなるようになっていて、そのためにカンジダ菌の方が優位になってしまうので増殖してしまうのです。

そして細菌ですがカビの一種に近いので、増殖するための要因として暗くて高温多湿な場所を好みます。
それから言うと女性の膣というのは、体内にあるために暗くなっていて常に湿っています。
その上、体温によって温かくなっているので、カビにとっては好む環境が出来上がってしまっているのです。

更に悪いことにこの細菌が最も多く生息しているのは膣粘膜です。
だからカンジダは膣だけではなく他の場所でも発症しますが、圧倒的に膣とその周辺で発症するカンジダ膣炎が多いのです。
このカンジダという病気が女性の代表的な病気と呼ばれているのは、女性の膣がこの細菌を増殖しやすい構造となってしまっているからです。

カンジダは免疫力が落ちているときに発症しやすい

カンジダ菌は細菌ですが、どちらかと言えばカビに近い性質をしているので、乾燥や酸性には弱いという特性を持っています。
男性も女性がカンジダを発症している状態で性行為をすれば感染する可能性があります。
男性は生殖器が女性と違って体外に出ているので、常に湿っているという状態にはならず入浴などで簡単に洗うこともできるので、男性はカンジダという病気が殆ど発症しません。

女性がカンジダになる場合に一番多いのはカンジダ膣炎ですが、膣というのは細菌などの侵入に対して特に強い防御をしている器官であり、通常時は強い酸性によって自浄作用を保っています。
そのためにこの細菌が膣粘膜に多く生息しているのに膣内で増殖できないのですが、この膣の自浄作用というのは免疫力が低下すると薄まってしまう性質があります。
酸性度が弱くなれば当然にカビとして増殖する力の方が上回ってしまうので、結果として増殖を許してしまうのです。

また清潔にしようとして膣を必要以上に石鹸などで洗浄したりすると、それでも酸性度が低下するので細菌が増殖する原因になってしまいます。
膣が男性器のように乾燥した状態に出来るのなら、いくら酸性度が低くなったとしても細菌の増殖は予防できます。
女性の膣というのがそのような対応ができないので、カンジダの増殖を防ぐには酸性度を高くする方法しかないのです。
免疫力が低下すると酸性度もそれに比例して低くなりますが、妊娠初期の段階でも膣の自浄作用が低下するのでカンジダになる可能性が高くなっています
そのため通常の時もそうなのですが、妊娠した場合は特に自分の体調の維持管理に努め、免疫力を高めるように生活習慣や食生活を改善していかなければいけません。

再発を防ぐなら免疫力を落とさない

カンジダは再発する可能性が極めて高い病気です。
それはこの病気となっている細菌が常在菌として常に人間の身体で生息していることと、細菌なのですがカビの真菌に近いので減少はしますが全てが死滅することが無いからです。
健康であれば細菌の増殖を防ぐ最大の手段である体内の酸性度が高くなっているので、細菌が必要以上に増殖するのを防いでくれます。
この酸性度を常に高めるのに必要なのが免疫力であり、生活習慣が乱れたり栄養バランスが悪いと直ぐに低下してしまいます。

またこの病気が男性には発症しにくい理由として、男性はあまりホルモンバランスが崩れないというのがあります。
体内の酸性度が低下する原因は免疫力が低下するだけではなく、ホルモンバランスが崩れても低下します。
女性は生理がありますし妊娠もするので、男性と比較してもホルモンバランスが崩れやすくなっていると言えます。
しかしこのホルモンバランスというのは女性であれば仕方がない問題でもあるので、やはり対処法としては免疫力を高めておくことに尽きます。

近年は女性の社会進出が顕著になり、男性と同じくらいのストレスを仕事で受けるようになってきました。
そしてアルコールの摂取や喫煙も増加しているので、この状態で常に免疫力を高めていくというのはとても難しくなっています。
しかしカンジダが重症化すると膣で感じる痛みが酷くなってきて、その痛みから最悪の場合は歩けなく可能性もあります。
女性は再発しやすい体内構造となっているのですから、再発するのは仕方ないとして諦めるのではなく、ならないようにするために常に事前の対策をしておかなければいけません。
そのためにも健康を維持していかなければならないので、規則正しい生活習慣を心掛けた上で食事にも気を遣っていかなければいけないのです。

カンジダ膣炎は自然治癒することもある?

カンジダ膣炎は発症しても、いつの間にか自然治癒することがあります。
それはこのカンジダ膣炎は細菌の増殖によって起きているのですから、その細菌が減少すれば病気も沈静化するからです。
この細菌が死滅する理由としては治療を施して医学的な見地から死滅させてしまうか、低下した酸性度を再び上昇させて、高くなった酸性によって死滅させてしまうかといった方法になります。
つまり体調不良などで低下してしまった免疫力を、体力を回復させることで高めてやればいいのです。
ただし実際のところ、このカンジダ膣炎は自覚症状が全く出ないケースも有ります。

カンジダ膣炎になって本人が気付くのはおりものの異常からが殆どですが、このおりものに異常がなくて膣炎が重症化しなければ、膣の痒みや痛みというのも比較的軽度なものになります。
女性は膣の軽度な異常というのは多く経験しているので、それほど気には止めないでしょう。
それに対しておりものは通常は無色で匂いも殆どしませんが、それがいきなり白く濁ったり異臭を放つようになれば、女性としては気付くのが当然でもあります。
しかし逆におりものに異常が出なければ、自分がカンジダになっていると気づきにくいとも言えるのです。
何もしないで自然治癒してくれたらそれでもいいのですが、この病気が感染する可能性があるということを忘れてはいけません。

自覚症状はなくても膣炎になっていたら膣とその周辺には増殖したカンジダ菌がいるのですから、性行為で相手に感染させてしまうかもしれないのです。
カンジダ膣炎だけでなく、他の性病も自覚症状が出にくいものがあります。
しかしこの自覚症状が出ないために感染を拡大してしまう危険性があります。
僅かな異常でも性器に違和感を感じたのなら、面倒臭がらずに専門の医療機関で診てもらうという行為が感染を拡大しないために重要になってきます。